JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





フランドルの若者の食事からのアクリルアミドの摂取とそのリスクアセスメント

データ
文献番号 5252
文献名 フランドルの若者の食事からのアクリルアミドの摂取とそのリスクアセスメント
英文名 Risk assessment of dietary acrylamide intake in Flemish adolescents
雑誌名 Food and Chemical Toxicology Vol.43 No.2 (271-278)
掲載年 2005
著者 Matthys C Bilau M Govaert Y Moons E De Henauw S Willems L
発行機関 Elsevier
概要

ベルギー若者の食事(150品目)からのアクリルアミド摂取とそのリスクアセスメント。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"ベルギー若者の食事(150品目)からのアクリルアミド摂取は 5,50,90 percentileでそれぞれ0.19, 0.51,1.09 mg/kgbw/dであった。ジャガイモなどの揚げ製品に注意すべきである。炭水化物の多い食品を焼いたり、揚げたりする場合には必要以上に長時間、高温で加熱しない。"

危害情報 危害情報3079・化学的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |