JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





安定的なアイソトープ希釈測定法と2-メルカプトベンゼン酸誘導体化に基づくアクリルアミド測定のための新しいLC/MSの方法。2つのGC/MS法を比較して

データ
文献番号 5250
文献名 安定的なアイソトープ希釈測定法と2-メルカプトベンゼン酸誘導体化に基づくアクリルアミド測定のための新しいLC/MSの方法。2つのGC/MS法を比較して
英文名 A NewLC/MS-Method for the Quantitation of Acrylamide Based on a Stable Isotope Dilution Assay and Derivatization with 2-Mercapto
雑誌名 Journal of Agricultural and Food Chemistry Vol.51 No.27 (7866-7871)
掲載年 2003
著者 Jezussek M Schieberle P
発行機関 American Chemical Sciety
概要

食品中LC/MSによるアクリルアミド測定法(2-mercaptobenzoic acid誘導体化法を含む)を2つのGC/MSと比較した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

食品中LC/MSによるアクリルアミド測定法(2-mercaptobenzoic acid誘導体化法を含む)を2つのGC/MSと比較したところ遜色ないことが判明した。科学的に裏づけられたデータは従来の経験や勘による衛生管理よりも安定した安全な製品の製造が可能となる。

危害情報 危害情報3077・化学的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |