JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





アクリルアミド生成に関与するジャガイモ中の糖類、遊離アスパラギン:栽培品種と農場システムの比較

データ
文献番号 5246
文献名 アクリルアミド生成に関与するジャガイモ中の糖類、遊離アスパラギン:栽培品種と農場システムの比較
英文名 Potential of Acrylamide Formation, Sugars, and Free Asparagine in Potatoes: A Comparison of Cultivars and Farming Systems
雑誌名 Journal of Agricultural and Food Chemistry Vol.51 No.18 (5556-5560)
掲載年 2003
著者 Amrein T M Bachmann Snoti A Biedermann M Barbosa M FBiedermann-Brem S Grob K Keiser A Realini PEscher F Amado R
発行機関 American Chemical Sciety
概要

アクリルアミド生成に関与するジャガイモ中 糖類(グルコース、フルクトース、しょ糖、アスパラギン・グルタミン量を測定し、品種と農場との関連について考察した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ジャガイモ中 糖類(グルコース、フルクトース、しょ糖、アスパラギン・グルタミン量を測定し、生のジャガイモを低温で保存するとデンプンの一部が還元糖へと変化しアクリルアミド生成につながる。

危害情報 危害情報3073・化学的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |