JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食品中のアクリルアミド:生成、原因、およびモデル

データ
文献番号 5242
文献名 食品中のアクリルアミド:生成、原因、およびモデル
英文名 Acrylamide in Foods: Occurrence, Sources, and Modeling
雑誌名 Journal of Agricultural and Food Chemistry Vol.51 No.3 (802-808)
掲載年 2003
著者 Becalski A Lau B P-Y Lewis D Seaman S W
発行機関 American Chemical Sciety
概要

市販ポテトチップスほかシリアル、パン類中のアクリルアミドを測定したところ14ng/gから3700ng/gの範囲内であった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

アクリルアミドのLC/MSMSによる測定に供するための前処理法を検討し、カナダで市販されている市販ポテトチップスほかシリアル、パン類30品目中のアクリルアミドを測定したところ14ng/gから3700ng/gの範囲内で、一部アクリルアミド生成量の多い食品があった。

危害情報 危害情報3069・化学的危害 食品 菓子製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |