JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





液体クロマトグラフィータンデム型質量分析法によるチョコレート粉末、ココア、コーヒーのような異なった基質におけるアクリルアミド定量化を可能にするサンプル調整法

データ
文献番号 5238
文献名 液体クロマトグラフィータンデム型質量分析法によるチョコレート粉末、ココア、コーヒーのような異なった基質におけるアクリルアミド定量化を可能にするサンプル調整法
英文名 Improved Sample Preparation to Determine Acrylamide in Difficult Matrixes Such as Chocolate Powder, Cocoa, and Coffee by Liquid
雑誌名 Journal of Agricultural and Food Chemistry Vol.52 No.15 (4625-4631)
掲載年 2004
著者 Delatour T Perisset A Goldmann T Riediker S Stadler R H
発行機関 American Chemical Sciety
概要

チョコレートパウダー、ココア、コーヒーなどの基質のアクリルアミド定量化を可能にするサンプル調整法が示された。d3アクリルアミドを用いた液体クロマトグラフィー分析(LC-MS/MS)による分析を行った。この方法はマッシュポテトやビスケットなど様々な食料のアクリルアミド分析に応用できるであろう。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

チョコレートパウダー、ココア、コーヒーなどの扱いにくい基質のアクリルアミド定量化を可能にするサンプル調整法が示された。基準としてd3アクリルアミドを用いた液体クロマトグラフィー分析(LC-MS/MS)による分析を行った。サンプルの前処理にはCarrez?、?溶液によるタンパク質の沈殿、酢酸エチルによる抽出、固形物の抽出を必要とする。これは正確さの面で良い結果を供給する。この方法はマッシュポテトやビスケットなど様々な食料のアクリルアミド分析に応用できるであろう。

危害情報 危害情報3065・化学的危害 食品 菓子製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |