JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





コーヒーからのLC-MS/MSによるアクリルアミドの分析

データ
文献番号 5231
文献名 コーヒーからのLC-MS/MSによるアクリルアミドの分析
英文名 Analysis of Coffee for the Presence of Acrylamide by LC-MS/MS
雑誌名 Journal of Agricultural and Food Chemistry Vol.52 No.7 (1996-2002)
掲載年 2004
著者 Andrzejewski D Roach J A G Gay M L Musser S M
発行機関 American Chemical Sciety
概要

LC−MS/MSによるアクリルアミドの存在のためのコーヒーの分析にかかわるもので、結論として未醸造コーヒーグラウンドで45−374ng/gで,インスタントコーヒークリスタルで172−539ng/gで、醸造コーヒーで6−16ng/mlであった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"LC−MS/MSによるアクリルアミドの存在のためのコーヒーの分析にかかわるもので、結論として未醸造コーヒーグラウンドで45−374ng/gで,インスタントコーヒークリスタルで172−539ng/gで、醸造コーヒーで6−16ng/mlであった。"

危害情報 危害情報3058・化学的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |