JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





特集 オゾンを利用した衛生・殺菌技術 オゾンエアーで空中浮遊菌対策

データ
文献番号 523
文献名 特集 オゾンを利用した衛生・殺菌技術 オゾンエアーで空中浮遊菌対策
英文名 ---
雑誌名 HACCP Vol.7 No.8 (97‐100)
掲載年 2001
著者 ---
発行機関 鶏卵肉情報センタ-
概要

ケータリング工場の微生物対策としてオゾンエアーによる殺菌を利用している事例を報告。配膳室では,日中の作業中は紫外線を利用した殺菌を行い,夜間はオゾンエアーを流すことにより空中浮遊菌だけでなく床面を汚染している微生物を制御。実際に,オゾン散布により,浮遊菌が激減したことを報告するとともに将来的にはHACCP確立を目指していることが述べられている

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

在宅配食サービスの配膳をする施設で、高齢者を対象としているため、衛生管理に力をいれている。配膳室に紫外線・オゾン殺菌装置を2台設置している。この装置は昼間の作業中に紫外線殺菌を行い、夜間にオゾン殺菌を行う24時間殺菌システムで、空中浮遊菌対策のほか、臭い対策にも効果がある。この施設はHACCPの確立をめざしており、今後は病院給食にも進出することを考えている。

危害情報 危害情報175・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 弁当


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |