JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





内部標準として13Cでラベルされたアクリルアミドを用いた食品中のアクリルアミドのGC/MSによる定量

データ
文献番号 5225
文献名 内部標準として13Cでラベルされたアクリルアミドを用いた食品中のアクリルアミドのGC/MSによる定量
英文名 Determination of acrylamide in food by GC/MS Using C13-labeled Acrylamide as an Internal Standard
雑誌名 食品衛生学雑誌 Vol.43 No.6 (371-376)
掲載年 2004
著者 Nemoto S Takatuki S Sakaki K Maitani T
発行機関 日本食品衛生学会
概要

内部標準として13Cラベルアクリルアミド(AA)を用いた食品中のアクリルアミドのGC/MSによる検出に関わるもので、AAのポテトチップ、コーンスナック、プレトゼル、ロースト茶からの回収率は97−105%であった。AAの検出限界は9ng/gであった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

内部標準として13Cラベルアクリルアミド(AA)を用いた食品中のアクリルアミドのGC/MSによる検出に関わるもので、AAのポテトチップ、コーンスナック、プレトゼル、ロースト茶からの回収率は97−105%であった。AAの検出限界は9ng/gであった。

危害情報 危害情報3052・化学的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |