JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





日本で市販されている加工食品中のアクリルアミドの分析

データ
文献番号 5224
文献名 日本で市販されている加工食品中のアクリルアミドの分析
英文名 Determination of Acrylamide in Processed Foodstuffs in japan
雑誌名 日本食品工学会誌 Vol.49 No.12 (822-825)
掲載年 2004
著者 吉田充 小野裕嗣 亀山真由美 忠田吉弘 箭田浩士 小林秀譽 石坂眞澄
発行機関 (社)日本食品科学工学会
概要

日本の市販加工食品32品目63製品についてアクリルアミド原料をLC-MS/MS法及びGS-MS法で測定した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

日本の市販加工食品32品目63製品についてアクリルアミド原料をLC-MS/MS法及びGS-MS法で測定した。LC−MS/MS法で5%以下、GC−MS法で15%以下であった。アクリルアミド含有量はポテトチップで439-1870μg/kg、スナック菓子で15-3540μ/kg、米菓子で17-303μ/kgであった。即席麺・ワンタンでは4-54μ/kgであった。

危害情報 危害情報3051・化学的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |