JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





カメルーンの芳香性植物からの5つの精油による腐敗とマイコトキシン産生カビ阻止効果の評価

データ
文献番号 5223
文献名 カメルーンの芳香性植物からの5つの精油による腐敗とマイコトキシン産生カビ阻止効果の評価
英文名 Evaluation of five essential oils from aromatic plants of Cameroon for controlling food spoilage and mycotoxin producing fungi
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.94 No.3 (329-334)
掲載年 2004
著者 Nguefack J Leth V Amvam Zollo P H Mathur S B
発行機関 The International Union of Microbiological Societies (IUMS) and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene(ICF
概要

5種類のエセンシャルオイルの3種の腐敗、マイコトキシン産生カビ、Fusarium moniliforme,Aspergillus falvus, Aspergillus fumigatusに対する阻止効果を寒天希釈法を用いて検査した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"5種類のエセンシャルオイルの3種の腐敗、マイコトキシン産生カビ、Fusarium moniliforme,Aspergillus falvus, Aspergillus fumigatusに対する阻止効果を寒天希釈法を用いて検査した。O.gratissimum, T.vurgaris,C.citratusからのオイルをコーンミール寒天培地に800, 1000, 1200ppm添加した場合すべてのカビに対し効果があり、分生子の形成を阻害した。"

危害情報 危害情報3050・化学的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |