JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





醤油中からのオクラトキシンAの不検出

データ
文献番号 5203
文献名 醤油中からのオクラトキシンAの不検出
英文名 Absence Ochratoxin A in soy sauce
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.97 No.2 (221-225)
掲載年 2004
著者 Blesa J soriano J M Molto J C ManesJ
発行機関 The International Union of Microbiological Societies (IUMS) and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene(ICF
概要

醤油中のオクラトキシンA を0.01 ng/mlの感度で測定する方法を開発した。本法で測定した60種の中国製および日本製醤油からはオクラトキシンは検出されなかった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

オクラトクシンAの醤油製品からの検出法を確立した。リン酸緩衝液(PBS)で抽出後、免疫アフィニティで精製し、液体クロマトグラフィーで分離、蛍光で検出(LC-FD)することで検出限界0.01 ng/ml で検出することができるようになった。本法で測定した中国産、日本産の醤油60種からはオクラトキシンは検出されなかった。

危害情報 危害情報3025・生物的危害 該当なし 食品 醤油製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |