JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





韓国で検出された黄色ブドウ球菌のエンテロトキシン遺伝子のsingle multiplex PCRによる迅速検出法の開発

データ
文献番号 5197
文献名 韓国で検出された黄色ブドウ球菌のエンテロトキシン遺伝子のsingle multiplex PCRによる迅速検出法の開発
英文名 Application of extended single-reaction multiplex polymerase chain reaction for toxin typing of Staphylococcus aureus isolates i
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.97 No.2 (137-145)
掲載年 2004
著者 Kwon N K Kim S H Park K T Bae W K Kim J Y Lim J Y Ahn J S Lyoo K S Kim J M Jung W K et al.
発行機関 The International Union of Microbiological Societies (IUMS) and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene(ICF
概要

黄色ブドウ球菌のエンテロトキシン遺伝子のsingle multiplex PCRによる迅速検出法を開発した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"黄色ブドウ球菌が産生するエンテロトキシン遺伝子(SEA, B, C, D, E, H, I, J)を検出できるextended single-reaction multiplex PCR (esr-mPCR)を開発した。これまでより少ないプライマー対を用い、新規のものも含めエンテロトキシン遺伝子の存在を検出でき、さらにarbitarily-primed PCR (AP-PCR)によってより詳細な型別が可能である。"

危害情報 危害情報3019・生物的危害 ブドウ球菌 培地


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |