JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





学校給食用冷蔵のインスタント食品でのListeria monocytogenesの増殖の時間と温度関係のモデルによる解析

データ
文献番号 5177
文献名 学校給食用冷蔵のインスタント食品でのListeria monocytogenesの増殖の時間と温度関係のモデルによる解析
英文名 Time–temperature profiles of chilled ready-to-eat foods in school catering and probabilistic analysis of Listeria monocytogenes
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.96 No.1 (49-59)
掲載年 2004
著者 Rosset P Cornu M Noël V Morelli E Poumeyrol G
発行機関 The International Union of Microbiological Societies (IUMS) and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene(ICF
概要

学校給食用冷蔵保存食品でのListeria monocytogenesの増殖の時間と温度の関係をモデルを用いて解析した。16か所の調理施設での検討の結果では、保存状態は良好だったが、週末を挟んだ長期保存や温度上昇では過去の報告のデータを元に推定すると同菌が増殖する可能性が考えられた

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

学校給食用の調理後に冷蔵保存される食品、例えばサラダなどでのListeria monocytogenesの増殖の時間と温度の関係をモデルを用いて解析した。食品の保存状態を温度測定し、保存期間との関係を、時間?温度平衡という概念を導入して表した。16か所の調理施設での検討の結果では、保存状態は良好だったが、週末を挟んだ長期保存や温度上昇では過去の報告のデータを元に推定すると同菌が増殖する可能性が考えられた。本研究の結果は他の細菌にも演繹出来る可能性がある。

危害情報 危害情報2993・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 集団給食用食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |