JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





家庭内の新鮮な食品やあらゆる表面における微生物学的バイオフィルムの形成の実態

データ
文献番号 5164
文献名 家庭内の新鮮な食品やあらゆる表面における微生物学的バイオフィルムの形成の実態
英文名 Prevalence of microbial biofilms on selected fresh produce and household surfaces
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.95 No.1 (29-39)
掲載年 2004
著者 Rayner J Veeh R Flood J
発行機関 The International Union of Microbiological Societies (IUMS) and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene(ICF
概要

家庭内で食品、洗濯物、台所などあらゆる表面に存在するバイオフィルムを分析し、広範囲に微生物がフィルムを形成していることが判明した。バイオフィルムの存在は家庭内の衛生上重要な問題であり、消費者の製品テストにあった標準、認可される方法が必要であることを明らかにした。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

家庭内で食品、洗濯物、台所などあらゆる表面に存在するバイオフィルムを分析し、広範囲に微生物がフィルムを形成していることが判明した。バイオフィルムの存在は家庭内の衛生上重要な問題であり、存在している微生物の防除も重要であるが、バイオフィルムそのもののテスト法が確立されていないので、早急に消費者の製品テストにあった標準、認可される方法の確立が必要である。

危害情報 危害情報2967・生物的危害 該当なし 食品 食品包装詰常温流通食品
危害情報2968・生物的危害 該当なし その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |