JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





コンピューター制御サーモレジストメーターを用いたClostridium sporogenes PA3679胞子の死滅動力学

データ
文献番号 5155
文献名 コンピューター制御サーモレジストメーターを用いたClostridium sporogenes PA3679胞子の死滅動力学
英文名 Kinetics of Clostridium sporogenes PA3679 spore destruction using computer-controlled thermoresistometer
雑誌名 J Food Sci Vol.58 No.3 (649-652)
掲載年 1993
著者 Rodrigo, M., Martinez, A., Sanchez, T., Peris M.J., Safon, J.
発行機関 Institute of Food Technologists
概要

Clostridium sporogenes PA3679胞子のphosphate buffer(pH7.0)およびマッシュルーム抽出液中、加熱温度121-143℃における耐熱性をコンピューター制御thermoresistometerで計測した。マイクロパージを装着した改良型thermoresistometerで計測すると、昇温時間が短縮され、緩衝液中では胞子の死滅曲線が直線となった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Clostridium sporogenes PA3679胞子のphosphate buffer(pH7.0)およびマッシュルーム抽出液中、加熱温度121-143℃における耐熱性をコンピューター制御thermoresistometer(TR)で計測した。マイクロパージを装着した改良型TRで計測すると、昇温時間が短縮され、緩衝液中では胞子の死滅曲線が直線となった。一方、未装着TRで計測すると、緩衝液中の胞子の死滅は加熱温度132.5℃以下のz値10.0℃とそれ以上の温度のz値18.3℃の部分の2相性を示した。マッシュルームエキス中の胞子の耐熱性は、緩衝液中よりも低かった。D値は加熱温度が上昇するに従い指数関数的に減少した。加熱媒体を酸性にしても高温では胞子の耐熱性は減少しなかった。

危害情報 危害情報2939・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報2940・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報2941・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 その他
危害情報2942・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 その他
危害情報2943・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 その他
危害情報2944・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |