JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





熱ショック処理Listeria monocytogenes細胞の加圧超音波処理と加圧加熱超音波処理への抵抗性

データ
文献番号 5145
文献名 熱ショック処理Listeria monocytogenes細胞の加圧超音波処理と加圧加熱超音波処理への抵抗性
英文名 Resistance of heat-shocked cells of Listeria monocytogenes to mano-sonication and mano-thermo-sonication
雑誌名 Lett Appl Microbiol Vol.28 No.1 (71-75)
掲載年 1999
著者 Pagan, R., Manas, P., Palop, A., Sala, F.J.
発行機関 The society for applied bacteriology
概要

Listeria monocytogenesの耐熱性は熱ショック処理後増大するが、加圧超音波処理への抵抗性は、熱ショック処理・未処理細胞の間に違いはなかった。未処理細胞の加圧下加熱超音波併用処理による不活性化率は相加効果であったが、熱ショック細胞では、加圧下加熱超音波処理は、加熱後加圧超音波処理よりも効果が大きかった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Listeria monocytogenesの耐熱性は熱ショック処理後増大するが、加圧超音波処理(mano-sonication;MS)への抵抗性は、熱ショック処理・未処理細胞の間に違いはなかった。熱ショック未処理細胞の加圧下加熱超音波併用処理(mano-thermo-sonication;MTS)による不活性化率は相加効果であった。一方、熱ショック細胞では、加圧下加熱超音波併用処理(mano-thermo-sonication;MTS)による不活性化率は加熱後加圧超音波処理(Heat+MS)よりも大きかった。これらの処理をうまく併用することにより、菌の不活性化をより増大させることができる。

危害情報 危害情報2892・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 培地
危害情報2893・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 培地


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |