JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





枯草菌胞子のコア水分含量の増加と主要DNA結合タンパク質の有無に伴う熱、過酸化水素、UV抵抗性

データ
文献番号 5138
文献名 枯草菌胞子のコア水分含量の増加と主要DNA結合タンパク質の有無に伴う熱、過酸化水素、UV抵抗性
英文名 Heat, hydrogen peroxide, and UV resistance of Bacillus subtilis spores with increased core water content and with or without major DNA-binding proteins
雑誌名 Appl Environ Microbiol Vol.61 No.10 (3633-3638)
掲載年 1995
著者 Popham, D.L., Sengupta, S., Setlow, P.
発行機関 American Society for Microbiology
概要

枯草菌胞子のdacB遺伝子における挿入変異株は、野生株より高い核水分含量を持つ。2つの主要なα/β型small, acid-soluble proteins(SASP)を持たない胞子は野生型と同じ水分量を持つが、SASP dacB胞子はdacB胞子よりも水分量が高い。以上4種の胞子の乾熱、湿熱、過酸化水素、UV抵抗性を計測した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

枯草菌胞子の胞子皮層の生合成に関わる酵素をコードしたdacB遺伝子の挿入変異株は、野生株より高い核水分含量を持つ。2つの主要なα/β型small, acid-soluble proteins(SASP)を持たない胞子は野生型と同じ水分量を持つが、SASP dacB胞子はdacB胞子よりも水分量が高い。以上4種の胞子の乾熱、湿熱、過酸化水素、UV抵抗性を計測した。核水分量は、胞子のUVに対する抵抗性にほとんど影響しなかった。α/β型SASPとDNAの結合は、胞子を乾熱より保護する特有の主要なメカニズムである。一方、湿熱および過酸化水素抵抗性は、核水分量によりかなり影響を受け、水分量の増加により抵抗性は減少した。

危害情報 危害情報2854・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2855・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2856・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2857・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2858・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2859・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2860・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2861・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |