JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





紙片上のBacillus stearothermophilus胞子、生物学的有効性確認への耐熱性動力学の検量

データ
文献番号 5136
文献名 紙片上のBacillus stearothermophilus胞子、生物学的有効性確認への耐熱性動力学の検量
英文名 Bacillus stearothermophilus spores on strips, Calibration of thermoresistance kinetics to prior biological validation
雑誌名 Appl Microbiol Biotechnol Vol.46 No.4 (340-346)
掲載年 1996
著者 Vessoni Penna, T.C., Machoshvili, I.A., Aquarone, E.
発行機関 Springer International
概要

Bacillus stearothermophilus胞子をフィルターペーパー紙片に浸透させ、1470日まで保存した。この紙片は、通常、活性化時間、死滅動力学をserumbottleと油浴を用いた方法、glassine packageとオートクレーブを用いた方法で計測されている。集められたデータについて胞子の保存時間、処理過程の温度、時間を検討した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Bacillus stearothermophilus胞子は、オートクレーブ殺菌の細菌学的な指標として用いられている。長期保存後の胞子も殺菌過程で予測可能であり、結果に再現性がある必要がある。Bacillus stearothermophilus ATCC7953胞子をフィルターペーパー紙片に浸透させ、-18℃1470日まで保存した。紙片は、活性化時間、死滅動力学をserumbottleと油浴を用いた方法、glassine packageとオートクレーブを用いた方法で計測した。serumbottleと油浴を用いた方法で計測した場合、46-930日間保存後も胞子の耐熱性を示すD値は加熱温度121℃において1.69-2.21分の間であった。また、glassine packageとオートクレーブを用いた方法では、平均でz値12.29℃、121℃におけるD値2.24分であった。両者の熱死滅データとも、USP ??? standardsを達成している。

危害情報 危害情報2837・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2838・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2839・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2840・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2841・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2842・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2843・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2844・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2845・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2846・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2847・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2848・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2849・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2850・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2851・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |