JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





パパイヤより単離したNeosartorya fischeriの耐熱性に及ぼす異なった加熱媒体の影響

データ
文献番号 5129
文献名 パパイヤより単離したNeosartorya fischeriの耐熱性に及ぼす異なった加熱媒体の影響
英文名 Note : Influence of different heating media on thermal resistance of Neosartorya fischeri isolated from papaya fruit
雑誌名 J Appl Bacteriol Vol.81 No.3 (337-340)
掲載年 1996
著者 Rajashekhara, E., Suresh, E.R., Ethiraj, S.
発行機関 The society for applied bacteriology
概要

微生物学的に腐敗したパパイヤより熱抵抗性カビであるNeosartorya fischeriを単離した。この菌の85, 87, 89℃における緩衝液中のD値は、それぞれ35.25, 11.1, 3.90分であった。マンゴーおよびブドウ果汁中では、糖度の大きい果汁中での耐熱性が大きくなった。市販の果汁中における耐熱性は、緩衝液中よりも大きかった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

微生物学的に腐敗したパパイヤより熱抵抗性カビであるNeosartorya fischeriを単離した。至適熱活性化条件は、80℃15-30分であった。また、この菌の85, 87, 89℃における緩衝液中のD値は、それぞれ35.25, 11.1, 3.90分であった。糖度10°Brixと45°Brixのときのマンゴーおよびブドウ果汁中での菌の耐熱性を計測したところ、糖度の大きい果汁中での耐熱性が大きかった。市販のマンゴー、オレンジ、パイナップルおよびマンゴー・パイナップルブレンド果汁中における耐熱性は、緩衝液中よりも大きかった。これは、果汁中のスクロースと固形分による熱に対する保護効果によると考えられる。

危害情報 危害情報2744・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報2745・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報2746・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報2747・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報2748・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報2749・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報2750・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報2751・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報2752・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む)


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |