JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





6菌種のBacillus胞子の圧力抵抗性と熱抵抗性との比較

データ
文献番号 5121
文献名 6菌種のBacillus胞子の圧力抵抗性と熱抵抗性との比較
英文名 Comparison of pressure resistances of spores of six Bacillus strains with their heat resistances
雑誌名 Appl Environ Microbiol Vol.62 No.10 (3897-3900)
掲載年 1996
著者 Nakayama, A., Yano, Y., Kobayashi, S., Ishikawa, M., Sakai, K.
発行機関 American Society for Microbiology
概要

6菌種のBacillus胞子の5℃〜10℃における圧力抵抗性を計測し、胞子の熱抵抗性と比較した。981MPa, 40分間および588MPa, 120分間の処理ではBacillus 3菌種の胞子が不活性化されなかった。一方、Bacillus 胞子の熱抵抗性には大きな違いがあり、圧力抵抗性とは相関関係はなかった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

6菌種のBacillus胞子の5℃〜10℃における圧力抵抗性を計測し、胞子の熱抵抗性と比較した。981MPa, 40分間および588MPa, 120分間の処理ではB. stearothermophilus IAM12043, B. subtilis IAM12118, B. licheniformis IAM13417の3菌種の胞子が不活性化されなかった。一方、Bacillus 胞子の熱抵抗性には大きな違いがあった。B. megaterium IAM1166胞子はB. stearothermophilus IAM11001胞子よりも9.3倍の圧力抵抗性であったが、246倍熱感受性であった。またB. coagulans IAM1194胞子は加圧処理により活性化された。以上より、Bacillus胞子の熱抵抗性と圧力抵抗性に相関関係はなかった。この結果より、低酸性食品の加圧殺菌は、たとえ高温で処理しても、信頼できないと考えられる。

危害情報 危害情報2620・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2621・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2622・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2623・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2624・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2625・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |