JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





Salmonella typhimurium LT2の脱水細胞の高温での生存

データ
文献番号 5102
文献名 Salmonella typhimurium LT2の脱水細胞の高温での生存
英文名 Survival of dehydrated cells of Salmonella typhimurium LT2 at high temperatures
雑誌名 J Appl Bacteriol Vol.68 No.3 (241-246)
掲載年 1990
著者 Kirby, R.M., Davies, R.
発行機関 The society for applied bacteriology
概要

疎水性膜上で脱水されたSalmonella typhimurium LT2の耐熱性を計測した。37℃48時間脱水処理後、熱抵抗性は増大し、死滅曲線は3相性を示した。回収培地にピルビン酸ナトリウムを添加しても影響はなかった。また、脱水時間を34日間にしたところ、はじめに死滅した細胞は増えたが、その後の死滅曲線の形態は変わらなかった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

定常状態まで増殖させたSalmonella typhimurium LT2を疎水性膜(Millipore FGLP 2500)上で脱水(37℃48h〜)させ、その後hot air ovenで加熱し菌の耐熱性を計測した。処理後、熱抵抗性は未処理の菌よりかなり増大した。また、死滅曲線は3相性を示した。回収培地にピルビン酸ナトリウム(0.2%)を添加しても菌の回収に影響はなかった。また、脱水時間を34日間にしたところ、はじめに死滅した細胞は増えたが、その後の死滅曲線の形態は変わらなかった。

危害情報 危害情報2424・生物的危害 サルモネラ その他
危害情報2425・生物的危害 サルモネラ その他
危害情報2426・生物的危害 サルモネラ その他
危害情報2427・生物的危害 サルモネラ その他
危害情報2428・生物的危害 サルモネラ その他
危害情報2429・生物的危害 サルモネラ その他
危害情報2430・生物的危害 サルモネラ その他
危害情報2431・生物的危害 サルモネラ その他
危害情報2432・生物的危害 サルモネラ その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |