JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





Clostridium sporogenes(PA3679)のクエン酸またはグルコノデルタラクトンで酸性化させたアスパラガスピューレ中の耐熱性に及ぼすpHの効果

データ
文献番号 5098
文献名 Clostridium sporogenes(PA3679)のクエン酸またはグルコノデルタラクトンで酸性化させたアスパラガスピューレ中の耐熱性に及ぼすpHの効果
英文名 The effect of pH on the thermal resistance of Clostridium sporogenes (PA 3679) in asparagus pur?e acidified with citric acid and glucono-δ-lactone
雑誌名 Int J Food Microbiol Vol.16 (275-281)
掲載年 1992
著者 Silla Santos, M.H., Kalasic,H.N., Goti, A.C., Enguidanos, M.R.
発行機関 International union of microbiological societies and international committee on food microbiology and hygiene
概要

Clostridium sporogenes (PA3679)のホワイトアスパラガスピューレ中の熱抵抗性に及ぼす酸の種類(クエン酸とグルコノデルタラクトン)・pH(4.5, 4.8, 5.1, 5.4)・温度(110, 115, 118, 121℃)の効果を検討した。酸を加えてpHを下げると熱抵抗性は小さくなった。二つの酸の効果は温度・pHにより異なっていた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Clostridium sporogenes (PA3679)のホワイトアスパラガスピューレ中の熱抵抗性に及ぼす酸の種類(クエン酸とグルコノデルタラクトン)・pH(4.5, 4.8, 5.1, 5.4)・温度(110, 115, 118, 121℃)の効果を検討した。酸を加えてpHを下げると熱抵抗性は小さくなった。クエン酸添加の場合、110, 115℃においては上記の効果は大きかったが、それ以上の温度では、効果は見られなかった。一方、グルコノデルタラクトンを添加した場合、高温でも効果が見られた。

危害情報 危害情報2381・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 その他
危害情報2382・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 その他
危害情報2383・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 その他
危害情報2384・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 その他
危害情報2385・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 その他
危害情報2386・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 その他
危害情報2380・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 その他
危害情報2378・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 その他
危害情報2379・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |