JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





腐敗しょっつるより分離した細菌の熱抵抗性

データ
文献番号 5096
文献名 腐敗しょっつるより分離した細菌の熱抵抗性
英文名 Heat resistance of Bacteria isolated from spoiled Shotturu
雑誌名 日本水産学会誌 Vol.56 No.2 (361)
掲載年 1990
著者 Nakayama, A., Fujii, T., Nakao, M.
発行機関 日本水産学会
概要

腐敗しょっつるより分離したHalobacterium, Halococcus, Micrococcus, Streptococcus, Staphylococcus6菌種と既同定株であるHalobacterium, Halococcus2菌種について培地およびしょっつる中の耐熱性を計測した。うち3菌種は、しょっつる中の耐熱性が培地中よりも大きかった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

腐敗しょっつるより分離したHalobacterium, Halococcus, Micrococcus, Streptococcus, Staphylococcus6菌種と既同定株であるHalobacterium morrhuae, Halococcus salinariumの2菌種について培地およびしょっつる中の耐熱性を計測した。うち3菌種は、しょっつる(塩化ナトリウム約27%)中の耐熱性が培地(塩化ナトリウム2.5%, 20%)中よりも大きかった。これは、しょっつる中の塩化ナトリウムおよびその他成分による加熱への保護効果によるものと考えられる。 また、6菌種のうち、より高い熱抵抗性を示す2菌種についてD値を計測したところ、1菌種のD値は、腐敗微生物としては異常に大きかった。

危害情報 危害情報2372・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 水産加工品
危害情報2373・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 水産加工品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |