JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





枯草菌(Bacillus subtilis var. niger)胞子の酸及び金属処理における熱抵抗性と金属含量の変化

データ
文献番号 5090
文献名 枯草菌(Bacillus subtilis var. niger)胞子の酸及び金属処理における熱抵抗性と金属含量の変化
英文名 Variation of heat resistance and metal contents during acid and metal treatment of Bacillus subtilis var. niger spores
雑誌名 日本防菌防黴学会誌 Vol.18 No.2 (67-74)
掲載年 1990
著者 Tawaratani, T., Yamano, Y., Shibasaki, I.
発行機関 日本防菌防黴学会
概要

枯草菌(Bacillus subtilis var. niger)胞子の酸処理後の熱抵抗性・金属イオン含量を計測した。酸処理により、大量のCa, Mgイオンが放出されたが、最初熱抵抗性の減少は顕著ではなかった。続く酸処理後、Ca, Mgイオン処理を行い、耐熱性は大きくなったが、未処理の枯草菌の熱抵抗性に比べると小さかった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

枯草菌(Bacillus subtilis var. niger)胞子の酸処理後の熱抵抗性・金属イオン含量を計測した。最初の酸(HCl; pH2.0 at 0℃, 5min)処理により、大量のCa, Mgイオンが放出されたが、この胞子の熱抵抗性の減少は顕著ではなかった。25℃24時間塩酸(pH2.0)処理後、熱抵抗性はかなり減少した。これに関与する陽イオンは胞子のcore部分に存在すると考えられる。酸処理胞子にCaまたはMgイオン処理(25℃24時間)を行うと、耐熱性は大きくなるが、未処理の枯草菌胞子の耐熱性に比べるとまだ小さかった。未処理の枯草菌胞子の高い耐熱性は、完全な浸透バリアーとDNA・酵素を安定させるに十分なCa, Mgイオンの存在によると考えられる。酸処理により失われた浸透バリアーは、Ca, Mgイオン処理によっても回復できなかったと考えられる。

危害情報 危害情報2290・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2291・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2292・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2293・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2294・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2295・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2296・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2297・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2298・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2299・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2300・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2301・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2302・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報2303・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |