JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





冷蔵真空パック肉の変敗に関連する低温性Clostridium spp.の分離のための胞子の加熱・エタノール処理の有効性

データ
文献番号 5081
文献名 冷蔵真空パック肉の変敗に関連する低温性Clostridium spp.の分離のための胞子の加熱・エタノール処理の有効性
英文名 Efficacy of heat and ethanol spore treatments for the isolation of psychrotrophic Clostridium spp. Associated with the spoilage of chilled vacuum-packed meat
雑誌名 Int J Food Microbiol Vol.39 No.1 (61-68)
掲載年 1998
著者 Broda, D.M., De Lacy, K.M., Bell, R.G.
発行機関 International union of microbiological societies and international committee on food microbiology and hygiene
概要

本文献は、腐敗冷凍・冷蔵肉より分離された、好冷菌であるClostridium spp.の9菌種と参考株であるClostridium algidicarnis NCFB2931株について、緩衝液中の耐熱性とエタノールによる不活性化を計測した。生育温度が低い菌種は、より熱感受性であったが、生育温度と熱抵抗性は完全に一致してはいなかった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本文献は、腐敗冷凍・冷蔵肉より分離された、好冷菌であるClostridium spp.の9菌種と参考株であるClostridium algidicarnis NCFB2931株について、緩衝液中の耐熱性とエタノールによる不活性化を計測した。生育温度が低い菌種は、より熱感受性であったが、生育温度と熱抵抗性は完全に一致してはいなかった。従来、好冷Clostridium spp.の分離は困難であった。熱感受性株と熱抵抗性株の分離は、20℃60分間エタノール(胞子液と同量に混合)処理後、80℃10分間加熱処理により可能であると考えられる。

危害情報 危害情報2100・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報2101・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報2102・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報2103・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報2104・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報2105・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報2106・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報2107・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報2108・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報2109・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |