JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





Mycobacterium paratuberculosisの牛乳中の熱不活性化

データ
文献番号 5071
文献名 Mycobacterium paratuberculosisの牛乳中の熱不活性化
英文名 Thermal inactivation of Mycobacterium paratuberculosis in milk
雑誌名 J Food Prot Vol.61 No.8 (974-978)
掲載年 1998
著者 Keswani, J., Frank, J.F.
発行機関 International association for Food protection
概要

本文献は、Mycobacterium paratuberculosis 62, 785991(牛由来株),ATCC43015(人由来株)を用いて、UHT milk中の耐熱性を計測した。この菌は凝集する性質があり、加熱媒体中凝集したままの菌と塊を壊した菌について、D値を比較した。両者のD値の間に有意な差はなかった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Mycobacterium paratuberculosisは、牛ではヨーネ病・パラ結核の原因菌であることが確認されており、牛乳より分離されている。本文献は、M. paratuberculosis 62, 785991(牛由来株),ATCC43015(人由来株)を用いて、UHT milk中の耐熱性を計測した。この菌は凝集する性質があり、加熱媒体中凝集したままの菌と塊を壊した菌について、D値を比較した。両者のD値の間に有意な差はなかった。785991株が最大の耐熱性を示し、加熱温度63℃におけるD値は2.9分であった。この値から、63℃30分の殺菌は、12.4log reductionに相当すると考えられる。また、UHT milkに44-10^(5)CFU/mlの菌を接種し、63℃30分間または72℃15秒間加熱後、Middlebrook 7H11 agarで4ヶ月間, Herrold's egg yolk mediumで2ヶ月間培養したところ、生育が認められなかった。

危害情報 危害情報1842・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 乳及び乳製品
危害情報1843・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 乳及び乳製品
危害情報1844・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 乳及び乳製品
危害情報1845・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 乳及び乳製品
危害情報1846・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 乳及び乳製品
危害情報1847・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 乳及び乳製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |