JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





Neosartorya fischeri子嚢胞子の熱抵抗性と生残菌回収に及ぼす低濃度ソルビン酸の効果

データ
文献番号 5061
文献名 Neosartorya fischeri子嚢胞子の熱抵抗性と生残菌回収に及ぼす低濃度ソルビン酸の効果
英文名 Effect of low concentrations of sorbic acid on the heat resistance and viable recovery of Neosartorya fischeri ascospores
雑誌名 J Food Prot Vol.52 No.11 (821-822)
掲載年 1989
著者 Splittstoesser, D.F., Churey, J.J.
発行機関 International association for Food protection
概要

子嚢胞子Ascosporesを形成する耐熱性真菌であるNeosartorya fischeri M-1株のspore cropS-2, 5-15(さくらんぼベースの缶入りフィリングを原因とする食中毒よりの分離株)についてブドウ果汁(pH3.5)中の耐熱性を計測した。加熱媒体に0〜1000mg/Lのソルビン酸を加え、ソルビン酸濃度がこの菌の耐熱性に及ぼす影響を調べた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Neosartorya fischeriは、子嚢胞子(Ascospores)を形成する耐熱性真菌である。日本全国の土壌に分布し、40-45℃で生育、低pH、低酸素分圧・高二酸化炭素分圧下でも生育可能なことから、缶詰・瓶詰・パウチ詰の野菜・果実の劣化、清涼飲料(低温殺菌果汁など)の腐敗の原因菌として知られている。本文献は、N. fischeri M-1株についてブドウ果汁(pH3.5)中の耐熱性を計測した。また、加熱媒体に0〜1000mg/Lのソルビン酸を加え、ソルビン酸濃度がこの菌の耐熱性に及ぼす影響を調べた。ソルビン酸濃度は耐熱性に影響を及ぼさなかった。一方、加熱後生菌数計測培地にソルビン酸(0〜100mg/ml)を加え、80℃60分または85℃20分加熱後の生菌数を計測した。70mg/ml以上添加すると加熱後の菌の生育はほとんどみられず、ソルビン酸は加熱により損傷を受けた菌に対し、抗菌効果があることがわかった。

危害情報 危害情報1684・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報1685・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報1686・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報1687・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報1688・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報1689・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報1690・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報1691・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報1692・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報1693・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報1694・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |