JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





様々な非水性懸濁液におけるClostridium sporogenes胞子の放射線・熱抵抗性

データ
文献番号 5041
文献名 様々な非水性懸濁液におけるClostridium sporogenes胞子の放射線・熱抵抗性
英文名 Resistance of Clostridium sporogenes spores to radiation and heat in various nonaqueous suspension media
雑誌名 J Food Prot Vol.56 No.1 (2013/10/12)
掲載年 1993
著者 Shamsuzzaman, K., Lucht, L.
発行機関 International association for Food protection
概要

Clostridium sporogenes PA3679株について、リン酸緩衝液および牛脂・豚脂・鶏脂・キャノーラ油・大豆油・トリオレイン・トリブチリン・グリセロール中の耐熱性および放射線に対する抵抗性を計測した。放射線(ガンマ線 5.0kGy)照射後に耐熱性を計測すると、未処理株より小さくなった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Clostridium sporogenesは、毒素非産生嫌気性芽胞形成菌でありボツリヌス菌よりも耐熱性が大きいため、ボツリヌス菌の加熱殺菌処理の条件設定ための指標菌として使われている。本文献は、Clostridium sporogenes PA3679株について、リン酸緩衝液および牛脂・豚脂・鶏脂・キャノーラ油・大豆油・トリオレイン・トリブチリン・グリセロール中の耐熱性および放射線に対する抵抗性を計測した。放射線に対する抵抗性を表すD値は、油中の方が緩衝液中よりもはるかに大きかった。また、グリセロールと動物性脂肪中におけるD値は、植物性油脂とトリグリセリドよりも大きかった。耐熱性を表すD値は、緩衝液中、牛脂中が他の油脂中よりも大きかった。放射線(ガンマ線 5.0kGy)照射後に耐熱性を計測すると、未処理株より小さくなった。油分の多い食品のパウチ詰め製品などの加熱殺菌処理過程の条件設定には、本文献の結果を参考にできるであろう。\n

危害情報 危害情報1570・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報1571・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品
危害情報1572・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品
危害情報1573・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品
危害情報1574・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食用加工油脂
危害情報1575・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食用加工油脂
危害情報1576・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報1577・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報1578・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報1579・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報1580・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品
危害情報1581・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品
危害情報1582・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品
危害情報1583・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水
危害情報1584・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |