JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





水産物製品より分離された細菌の熱抵抗性

データ
文献番号 5031
文献名 水産物製品より分離された細菌の熱抵抗性
英文名 Heat resistance of bacteria isolated from preparations based on seafood products
雑誌名 J Food Prot Vol.58 No.1 (49-53)
掲載年 1995
著者 Mulak, V., Tailliez, R., Eb, P., Becel, P.
発行機関 International association for Food protection
概要

本文献では、水産物より分離されたEnterococcus faecium, Micrococcus varians, Pseudomonas paucimobilis, Pseudomonas putida, Staphylococcus aureusについて、緩衝液中・魚骨なし切り身中・魚テリーヌ中における耐熱性を計測した。加熱温度70℃において、最大の耐熱性を示したのはPsudomonasであった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本文献では、水産物より分離されたEnterococcus faecium, Micrococcus varians, Pseudomonas paucimobilis, Pseudomonas putida, Staphylococcus aureusについて、緩衝液中・魚骨なし切り身中・魚テリーヌ中における耐熱性を計測した。加熱温度70℃において、最大の耐熱性を示したのはPsudomonas paucimobilisで、D値は、1.16分(緩衝液中)〜3.32分(魚テリーヌ中)であった。フランスでは従来、食品類の殺菌の指標としてEnterococcusを使用してきた。本実験より求めたD値、z値より、Pseudomonas paucimobilisの方が耐熱性が大きいと考えられ、こちらを殺菌の指標とするべきである。

危害情報 危害情報1499・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報1500・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 水産加工品
危害情報1501・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 水産加工品
危害情報1502・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報1503・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 水産加工品
危害情報1504・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報1505・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 水産加工品
危害情報1506・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 水産加工品
危害情報1507・生物的危害 ブドウ球菌 緩衝液
危害情報1508・生物的危害 ブドウ球菌 食品 水産加工品
危害情報1509・生物的危害 ブドウ球菌 食品 水産加工品
危害情報1510・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 水産加工品
危害情報1511・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液
危害情報1512・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 水産加工品
危害情報1513・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 水産加工品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |