JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





Listeria monocytogenes(ファージ型;2389/2425/3274/2671/47/108/340)の熱抵抗性:ハム中のD値とz値

データ
文献番号 5010
文献名 Listeria monocytogenes(ファージ型;2389/2425/3274/2671/47/108/340)の熱抵抗性:ハム中のD値とz値
英文名 Heat resistance of Listeria monocytogenes (Phagovar 2389/2425/3274/2671/47/108/340):D-and z-values in ham
雑誌名 J Food Prot Vol.59 No.6 (588-591)
掲載年 1996
著者 Carlier, V., Augustin, J.C., Rozier, J.
発行機関 International association for Food protection
概要

Listeria monocytogenesの食中毒分離株について、ヒートショック処理(42℃1時間)株・60℃20分間加熱後生残菌を継代し30℃24時間培養した菌株の耐熱性を計測した。55℃加熱時は、D値に有意な差は見られなかったが、60℃加熱時、D値は、ヒートショック処理株>未処理株>加熱後継代(熱抵抗)株の順になった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本文献では、Listeria monocytogenes(1992年フランスで起こった食中毒原因菌)のハム中での耐熱性を?未処理株?ヒートショック(42℃60分)処理株?60℃20分加熱後継代し、30℃24時間培養した株(熱抵抗株)について計測し、比較した。ハム中では、Listeriaの耐熱性は総じて大きく、ヒートショック株と未処理株の耐熱性の差は、培養液中で見られるほど大きくなかった。また、60℃加熱時、D値は、ヒートショック処理株>未処理株>加熱後継代(熱抵抗)株の順になった。加熱により大きくなった耐熱性は、継代により受け継がれないという結果が得られた。

危害情報 危害情報1212・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品
危害情報1213・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品
危害情報1214・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |