JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





電解酸化水について 3 効果と安全性

データ
文献番号 44
文献名 電解酸化水について 3 効果と安全性
英文名 ---
雑誌名 HACCP Vol.4 No.3 (50‐55)
掲載年 1998
著者 増岡純
発行機関 鶏卵肉情報センタ-
概要

水に少量の食塩(電解質)を加え電解して得られる電解水は,その殺菌力や安全性から注目されている。電解酸化水生成装置NDX‐250KMWより生成したハイクロソフト酸化水に大腸菌,黄色ぶどう球菌,MRSA,サルモネラ,緑膿菌,連鎖球菌を各々10[6]/ml添加した場合,1分後に<10/gに減少した。また,耐性の強い枯草菌の芽胞では3分後に<10/gに減少し,0.05%塩化ベンザルコニウム液,200ppm次亜塩素酸ソーダに比べ殺菌力が優れていた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

電解酸化水(ハイクロソフト酸化水)の殺菌効果について、塩酸ベンザルコニウム液および次亜塩素酸ナトリウム液との比較を行なった。その結果電解酸化水はこれら二者と同様の殺菌効果を有することを示した。さらに、電解酸化水の安全性は従来の殺菌消毒薬と比べて高いと評価できることを示した。

危害情報 危害情報166・生物的危害 サルモネラ その他
危害情報167・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報168・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報169・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報170・生物的危害 ブドウ球菌 その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |