JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





HACCPを成功させるために重要管理点を正確に定める

データ
文献番号 3616
文献名 HACCPを成功させるために重要管理点を正確に定める
英文名 Food safety. Pinpointing critical control points for HACCP success.
雑誌名 Food Process(Chicago) Vol.58 No.8 (24‐26)
掲載年 1997
著者 DEMETRAKAKES P
発行機関 ---
概要

1998年1月から多くの食肉加工場でHACCPシステムの実施が義務となるが,最初の段階でCCP(重要管理点)のマトを外すとHACCPシステムそのものが非効率的なものとなってしまう。安全性にマトをしぼるべきであったのに品質全体を対象とし,やり直ししているTropicana社の例,HACCP導入前に総合的な衛生管理が必要なこと,企業の全セクションを巻き込んで対応すべきであること,工程及び危害の両方からアプローチすべきこと,安全性とは関係ないことをCCPとしないよう注意すべきこと,商品ごとに危害(Hazard)

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

バチルス属細菌などの芽胞は環境ストレスや殺菌剤に対して著しく耐性であり、オゾンなどの酸化剤がその殺滅に有効であるが、その有効性はアルカリなどで脱殻処理をすることによって増大することが明らかになった。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |