JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





乳製品の汚染を防ぐ

データ
文献番号 3610
文献名 乳製品の汚染を防ぐ
英文名 Dairy clean. Keeping dairy products free of contamination demands a systematic p
雑誌名 Food Process(Chicago) Vol.55 No.11 (77)
掲載年 1994
著者 MOYER A
発行機関 ---
概要

乳製品の品質保持のために行うべきことは,清掃プログラムの文書化とその厳守である。プログラム開発には,除去すべき汚れの成分と特徴を分析し,適切な洗浄剤の選定が必要。使用する水の状態と硬度などの質も重要な因子である。Diversey社が提唱するTACT(時間,作業法,濃度,温度)の組合せと,従業員の安全性,微生物学的な問題点,HACCP,機械の適切な取扱い及び管理者の期待水準などとの関連を略述

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

最も重要な飲料水に含まれる細菌群を、特異的プライマーによるPCR増幅法で網羅的に解析する手法は注目される。しかし一般にこのような手法で得られた結果と、実際に固形培地法などで単離される菌種とは大きな隔たりがあり、今後の課題も含む。また殺菌剤の違いが、菌叢に及ぼす影響も無視できず、重要な示唆に富む。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |