JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





病原菌の防除:食品のリステリアやサルモネラ汚染の減少化に向け施設業各社が注力

データ
文献番号 3574
文献名 病原菌の防除:食品のリステリアやサルモネラ汚染の減少化に向け施設業各社が注力
英文名 Fighting bacteria.
雑誌名 Food Process(Bromley) Vol.58 No.3 (19‐20)
掲載年 1989
著者  
発行機関 ---
概要

増加傾向のリステリア中毒等の主原因は調理/冷蔵食品の劣悪な温度管理にある。調理食品汚染防止の法制化や消費者団体の動きもあり,食品メーカと冷蔵等施設業者が対策に注力中。調理食品類の冷蔵時の温度制御を確実にするために開発された自動温度制御・警報装置を紹介,温度経歴の記録や遠隔操作等も可能。簡易微生物テスト器も紹介

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

現代の鶏卵工場では、自動ライン化した洗浄および殺菌プロセスで鶏卵をパッケージしているが、表層に残った好気性菌やとくに腸球菌属に属する細菌群の同定菌種および貯蔵中の増菌データなどは極めて有益な情報を与えている。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |