JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





家禽肉からの利益:アメリカの家庭では豚肉及び牛肉が人気ステーキであったが,今は家禽肉の消費が増加しつつある

データ
文献番号 3573
文献名 家禽肉からの利益:アメリカの家庭では豚肉及び牛肉が人気ステーキであったが,今は家禽肉の消費が増加しつつある
英文名 Poultry profits.
雑誌名 Food Process(Bromley) Vol.57 No.3 (31‐32)
掲載年 1988
著者 UNGER H
発行機関 ---
概要

アメリカでは1988年末には,家禽肉がもっとも人気のあるものとなるだろう。今や家禽肉の消費量は,牛肉75.7lb/年・人に対し78.2lbとなった。マクドナルド社の機械化はめざましく,また付加価値の高い製品もでてきているが,サルモネラ対策が問題となっている。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

お茶は世界で最も飲まれている飲料であり、本研究は、お茶の中に含まれる抗菌物質を食品の保存に利用しようとする試みである。大腸菌O157では、有効な効果は得られなかったが、合成化合物の保存料を嫌う現代の消費者の嗜好に合う、新たな抗菌物質の開発を模索した仕事として、HACCPの観点からも価値がある。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |