JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





大腸菌 時限爆弾

データ
文献番号 3505
文献名 大腸菌 時限爆弾
英文名 The E. coli timebomb.
雑誌名 Food Manuf Vol.72 No.2 (26‐28)
掲載年 1997
著者 TULEY L
発行機関 ---
概要

ベロ毒素産生大腸菌O157:H7の主汚染源はウシで,世界のウシは1〜10%が汚染されていると推定されている。しかしヒツジ,ヤギ,ブタも低率だが汚染されている。O157を食品チェーンから根絶することは無理なので,製造業者,流通業者,小売業者及び消費者はこの菌の性質をもっとよく知っておく必要がある。イギリス政府の推奨する牛挽き肉,牛乳の加熱温度,食肉製品やサイダー中の生存日数やpHとの関係につき記述

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Listeria菌は、酸性の弱い果実上では確実に増殖し、温度10℃でも世代時間7〜15時間で増殖することが示された。pHが低い果実ほど増殖が遅いことから、酸の弱い果実ほど感染に注意しなければならないことが分る。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |