JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食品衛生に関するECの提案

データ
文献番号 3496
文献名 食品衛生に関するECの提案
英文名 EC initiative on food hygiene.
雑誌名 Food Manuf Vol.65 No.5 (77)
掲載年 1990
著者 TURNER A
発行機関 ---
概要

8カ条から成るECの食品衛生法案は牛乳,食肉及び家禽肉,冷凍食品を対象としたもので,GHP(Good Hygiene Practice適正衛生規範)を24ページの付録で記述している。本法のもとで食品事業者は食品の健全性に責任を有し,GHPを順守し食品衛生基準に合致することを要する。その他取締り当局の責務,ECのHACCP採用,工場閉鎖,取締り監督官の教育等について述べ,英国の事業者が建設的な対応を示すことを期待

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"ポルトガールに於いて実施されたヨーグルト中に存在するアフラトキシンの調査結果である。ナチュラルヨーグルト48検体の内、46個(95.8%)は陰性(10ng/kg以下)であったが、僅か2検体が陽性で、その値は43,45ng/kgであった。苺入りのヨーグルトについては、32個(66.7%)が陰性で、16検体(33.3%)が19〜98ng/kgの数値を、6検体(12.5%)が19〜35ng/kgの低水準値を、4検体(8.3%)が36〜50ng/kgを、2検体(4.2%)が51〜65ng/kgを、残り4検体が、高い含有量を示した。その値は各々、90,92,96と98ng/kgであった。"

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |