JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食品の微生物学的安全性に関する委員会(英国)によるリッチモンド報告 I

データ
文献番号 3494
文献名 食品の微生物学的安全性に関する委員会(英国)によるリッチモンド報告 I
英文名 The Richmond report ー Part 1.
雑誌名 Food Manuf Vol.65 No.4 (55‐56)
掲載年 1990
著者 TURNER A
発行機関 ---
概要

英国農務省と保健省が合同で設置をした標記委員会の報告。近年[Salmonella enteritidis,Listeria monocytogenesis,Campylobacter enteritis]が原因の食中毒が急増した。特に1983‐1988年にリステリア症はイングランドとウェールズでは115例から291例に倍増した。当委員会は食品監視と管理体制に関してHACCPの幅広い適用を推奨

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

通常の培養法でなく、PCR法を用いた分子遺伝学的手法により、Cryptospoidiumの遺伝子が検出できることを示した点が重要。大腸菌との相関はなく、糞便汚染とは無関係に寄生虫の危険性を検知できる。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |