JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





冷凍・冷蔵即席調理食品

データ
文献番号 3487
文献名 冷凍・冷蔵即席調理食品
英文名 Freeze‐chilling ready‐meals.
雑誌名 Food Eng Int Vol.28 No.2 (36‐37)
掲載年 2003
著者 REDMOND G GORMLEY R
発行機関 ---
概要

凍結食品を解凍後にチルド温度で小売りするフリーズ・チリング方式は特に調理食品に向いている。細胞破壊を防止するためのハイドロコロイドの利用,チリング段階でのビタミンC減少を防ぐためのカプセル化ビタミンCの利用,シェルフライフに対する温度の影響,GMP及びHACCPの重要性,フリーズ・チリング製品の表示等について記述

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"E.coliO157:H7は一般にアップルサイダー、子牛、及びその両者の3酸抵抗性(acid resistacces, AR)の因子に対し抵抗であるが変異株はそれぞれの因子に抵抗性であり、これらの因子の解明は今後の食中毒対策に役に立つ。"

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |