JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





FDA2次活動計画を発表

データ
文献番号 3478
文献名 FDA2次活動計画を発表
英文名 FDA sets precedent with second action plan.
雑誌名 Food Eng Int Vol.12 No.6 (10)
掲載年 1987
著者 ---
発行機関 ---
概要

FDAは85年以来の活動目標が85%以上達成されたとし,向こう18か月の新たな活動計画を発表した。食品安全性が優先課題で,機構の改善強化を図る。食品添加物,原材料,容器包材について,その安全性や毒性の評価法の確立,それに基づく食品の取締り検査による安全性確保,とくに微生物(リステリア菌,エルシニア菌,サルモネラ菌)による危険防止を重視している

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Shiga-toxigenic E.coliは牛を宿主とし、牛の排泄物による汚染された飲食によって感染される。この菌の血清型を調べた結果、実験サンプルの90パーセントが有毒マーカーであるstx2、eae、ehxを持つことが明らかとなった。これからさらなる研究し病気との関連性を決定すべきである。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |