JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





NAS,家禽肉の検査と表示を提言

データ
文献番号 3473
文献名 NAS,家禽肉の検査と表示を提言
英文名 Inspect, label poultry better, requests NAS.
雑誌名 Food Drug Packag Vol.51 No.7 (4)
掲載年 1987
著者 DENSFORD L
発行機関 ---
概要

全米科学アカデミー(NAS)は農務省検査局に答申した報告書の中で,未加熱家禽肉の検査について,現行の目視検査だけではサルモネラ属,[Campylobacter]属などの微生物汚染や化学的汚染などを防止できないと述べた。そのための検査強化と汚染源の究明,防止策が必要とし,また消費者向けに適正な取扱いと調理を示唆する表示,更に製造,加工業者向けに衛生教育が必要

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Aeromonas hydrophilaの生長を示すモデル計算式は次の通りである。菌の存在する確率P:Log(p/1-p)=-25.23+0.3569・Temp+3.717・pH-0.0117・CO2-0.0110・O2となる。この菌は、冷蔵温度で、pHが6近辺に低下すると、生長が止まり、CO2が蓄積すると、温度が低いと溶解してカルボン酸となりpH低下となり、死滅に関係する。1.5〜11℃では、温度の変化と菌の生長に著しい差はなく、冷蔵温度下では、生長も死滅もない。O2は、生長速度を弱める。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |