JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ボツリヌス症:原因となる媒介物とその制御:概説

データ
文献番号 3472
文献名 ボツリヌス症:原因となる媒介物とその制御:概説
英文名 Botulism: The Causative Agent and its Control in Foods: A Review
雑誌名 Food Control Vol.3 No.3 (125‐143)
掲載年 1992
著者 Rhodehamel, J. E., N. R. Reddy, and M. D. Pierson
発行機関 ---
概要

---

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"オーストラリアに於ける羊の排泄物中に存在する大腸菌について、牧草、サイレージと穀物の併用、牛の餌と共用して飼育した場合で、病原性大腸菌(シガ毒素)の分布状況を調べた。全部で67検体の病原大腸菌が見出され、O5:H^(-),O75:H8,O91:H^(-),O123:H^(-)とO128:H2の血清型を持つ菌が多く、若い子羊と成長した羊の排泄物に存在する大腸菌の血清型が異なり、牛のそれとも異なっていた。"

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |