JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





家禽肉加工 将来の方向

データ
文献番号 3466
文献名 家禽肉加工 将来の方向
英文名 The way of the future.
雑誌名 Food Can Vol.58 No.5 (22‐25)
掲載年 1998
著者 ---
発行機関 ---
概要

カナダで最初のHACCP認定を受けたオンタリオ州のMaple Leaf Poultry社は同国最大の鶏肉,七面鳥肉の加工業者である。5年前から大きな投資をして設備の改善を行ったため,1997年7月の認定は楽に受けられた。HACCPが将来の方向と受けとめていることや,カナダ政府の進めている新しい家禽肉検査システムに協力的であること,同社工場の概要などについて記述した

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"日本の労働省は、1997年度、レストランや食堂に、食材と使用容器の一部を、少なくとも2週間以上冷凍保存することを指示した。1989〜1998年間に発生したサルモネラ汚染の実態を調査し、全部で2,734件の発症例と31の感染食材があった。汚染食材中の菌数と発症率との関係を調べ、冷凍保存した食材中のサルモネラは、-25℃で2週間保蔵後でも細胞に変化はなく、発症率と投与量に相関があるが、冷凍保存しない場合はばらつくことがわかった。"

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |