JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食品安全性の新指標‐HACCP‐について

データ
文献番号 3464
文献名 食品安全性の新指標‐HACCP‐について
英文名 HACCP the yardstick for food safety testing.
雑誌名 Food Can Vol.54 No.2 (12‐13)
掲載年 1994
著者 VEENKAMP C‐A
発行機関 ---
概要

消費者にとっての関心事は食品の安全性である。最近HACCP方式(危害分析重要管理点方式)が食品の安全性の指標として加,英,米等で多く採用されるようになって来た。HACCPは加工のあらゆる段階,設備,方法等から安全性をチェックするもので,品質,風味等の格付けをする検査とは別のものである。食品産業及び行政の受け入れるべきHACCPについて解説

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Enteritidisは食べ物や飲み物から感染し人間に病気など影響を与える。この研究で細胞免疫性の違いによる効果を分析を行った結果、細胞免疫はTh1を接種したラットが、抗体反応はTh2を接種したラットが高かった。この結果を利用し病気に対する免疫を高める。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |