JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





オーストラリアにおける食品品質にHACCP概念を幅広く応用する

データ
文献番号 3446
文献名 オーストラリアにおける食品品質にHACCP概念を幅広く応用する
英文名 The broader application of HACCP concepts to food quality in Australia.
雑誌名 Food Aust Vol.49 No.6 (270‐274)
掲載年 1997
著者 PETERS R E
発行機関 ---
概要

食品の品質と安全性のためにHACCP原則を用いた,自発的で第3者の認定した2つの基準として,SQF2000品質規範及びWoolworth取引業者品質管理基準を紹介した。顧客の期待及び中小企業でも開発しうるものを検討したのち,ともに1995年に開発された。加工工程,または園芸・家畜飼育の場合,果物・野菜・動物のライフサイクルにおける品質重要点(QCP)及び品質点(QP)の明確化のためにHACCP原則を利用した

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

食品にsodium lactateとcitrateを加え、また冷却温度をお大幅に低くし、時間を調節することによって、菌の増幅を防げる。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |