JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食中毒とたたかう

データ
文献番号 3444
文献名 食中毒とたたかう
英文名 Fighting food poisoning.
雑誌名 Food Aust Vol.49 No.2 (62‐64)
掲載年 1997
著者 ---
発行機関 ---
概要

病原性大腸菌を原因菌とする溶血性尿毒症症候群(HUS)による幼児の死亡や入院患者の発生をみたオーストラリアでは,牛肉生産者及び加工者の依頼もあって,CSIROの食品科学技術部と動物衛生部が3年計画の調査に乗り出した。O157,O111など病原性大腸菌の所在,検査方法の開発,HACCPなど食肉の品質保証の方法などについて略述した

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Enterobacteriaceae、coliforms、Escherichia coliは、飼育と郵送の時汚染される。その汚染された若鶏の死骸をImmersion Chilling処理前と処理後調べたところ、Chilling処理後のサンプルでBacteria数が減少した。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |