JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食品工業のための国際見本市

データ
文献番号 3424
文献名 食品工業のための国際見本市
英文名 ---
雑誌名 Fluessiges Obst Vol.61 No.12 (606‐607)
掲載年 1994
著者 BIRUS T
発行機関 ---
概要

1994年11月にロサンゼルスで行われた,アメリカの食品加工機及び原料協会(FPM&SA)主催の見本市の報告。世界から400社以上出展し,情報サービスが工夫され有益であった。アルミ缶と真空PETボトル,凍結濃縮と減圧濃縮など技術の競合がみられる。制御ではWINDOWSによるオペレーションが主流。保険付リースも増えている。包装では200mlテトラタイプのスリムボトルが増えている。品質管理ではHACCPのコンセプトが普及してきた

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

リステリア・モノサイトゲンエス、大腸菌O157、サルモネラ・ハイデルベルクの熱抵抗性試験を行った。これらの菌は熱耐性能力をもたず比較的低温で完全に殺菌されるが、調理後プラスチックバッグで保存される食品や果実、野菜表面に付着した場合、通常のvacuum-stam-vacuum (VSV)の加熱サイクルでは十分に殺菌できない。なぜならば、食品表面から内部へ侵入した菌は殺菌できないからである。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |