JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食品と微生物に関する研究紹介

データ
文献番号 3421
文献名 食品と微生物に関する研究紹介
英文名 ---
雑誌名 Fleischwirtschaft Vol.79 No.3 (84‐86)
掲載年 1999
著者 KOFOTH C M
発行機関 ---
概要

4件の研究を紹介している。航空機内食の細菌を検査した結果,温かい食事の8.2%が[E.Coli]菌数について,また1.8%は病原性菌についてガイドラインを超えていた。2報目は台所と浴室の菌汚染,特に台所のシンクや水栓の菌汚染が著しいことと塩素系殺菌剤の効果を紹介。3報目は豚及び牛の屠体の菌汚染とHACCPによるリスクコントロール。4報目はハーブに含まれるCarvacrolの殺菌効果について紹介

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"Viable but not nonculturable (VBNC)(生存しているが培養出来ない)への移行は菌が劣悪な条件下で生き抜くための手段である。本論文ではリステリア・モノサイトゲネス5 株について4℃の砂中での保存中のVBNCへの菌の移行を同定し、この状態の菌の検出を試みた。この菌は4℃で保存すると4週間以前はVBNCへ移行しない。6, 8週間でごくわずかVBNCへ移行するが、TSAYEと0.1%のピルビン酸を含むコロンビア培地で好気培養を行うことが、リステア・モノサイトゲネスの培養可能な状態にするのに有効であった。"

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |