JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食肉の微生物学的研究に関するレビュー

データ
文献番号 3417
文献名 食肉の微生物学的研究に関するレビュー
英文名 ---
雑誌名 Fleischwirtschaft Vol.78 No.7 (817‐819)
掲載年 1998
著者 KOFOTH C M
発行機関 ---
概要

養豚場及び屠殺場でのサルモネラ菌の発生,冷蔵や低温でも成育増殖する[Yersinia enterocolitica]及び[Listeria monocytogenes]菌と豚肉からの人への感染,冷蔵中のチキンからの[Pseudomonads]菌による食品汚染,[E.coli] O157:H7菌増殖に対する[L.lactis]菌による抑制効果,豚肉における耐寒性菌の増殖モデルとしての[E.coli]増殖予測可能性等について研究を紹介している

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"中国の東シナ海沿岸都市の市場で入手可能な魚介類のVibrio vulnificusによる汚染状況を調査した。調査法は以下の方法で行った。1:1(w/v)の割合でPBSでホモジナイズしたサンプルを10から10,000倍系列希釈した後、ホモジネート2 mlあるいは系列それぞれ1 mlをAPM培地で増菌培養を行い、その後mCPC寒天培地に塗布した。生じたコロニーをTBS培地で培養し、集菌後、蒸留水に懸濁し100℃5分間煮沸し、菌体のDNAを調整した。その後種特異的なプライマーを用いたPCR法により、V. vulnificusを同定した。また同時に生化学試験を行い、見つかったV. vulnificusはヒトに病原性持つバイオタイプ1 であった。"

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |