JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





最近の品質保護分野における微生物学の存在価値

データ
文献番号 3364
文献名 最近の品質保護分野における微生物学の存在価値
英文名 ---
雑誌名 Fleischwirtschaft Vol.73 No.7 (719‐722)
掲載年 1993
著者 LEISTNER L
発行機関 ---
概要

品質保護の概念を説明し,HACCP,GMPなどを評価方法例として取りあげ概略説明を行った。品質保護システムを図示し,これはHACCP及びいわゆる品質管理で代表されるものの2つから成ることを解説した

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

と殺場に搬入されたブタは、一時的に囲いの有る檻に入れられるが、その時間が問題である。少しでもサルモネラ菌への暴露時間を減少させる努力が必要である。本報では、市場の衛生学的な肉質を向上させ、サルモネラ菌症を少しでも減らす為の重要かつ貴重なデータを提供した。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |